家電 引越し 料金

家電の引越し料金がわかる!安くてお得な運搬

家電 引っ越し

家電 引越し

家電 運送

家電 配送

家電 のみ 引っ越し

 

新居が近い引っ越しの場合、小さな荷物は自分で運べますね。
洗濯機や冷蔵庫、テレビなどの大きな家電や家具の引っ越しだけ業者に依頼したい。

 

そんなことありませんか?
でも引っ越し業者に依頼するのは申し訳ないし。

 

実は引っ越し業者には、家電だけ運んで欲しいと言う依頼は少なくありません。

 

引っ越し費用の節約にもなるので、この方法で家電を運ぶ人はたくさんいるのです。

 

引っ越し業者は大手から地域密着の会社までたくさんあります。
どこの会社が1番安く家電を運んでくれるのかはわかりません。

 

そこでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

 

200社以上の業者が参加しており、運んで欲しい家電を選んで情報を送信するだけで見積もりを取ることができます。

 

引越し一括見積もりはこちら

 

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

 

 

 

家電を運んでくれる業者を探すだけでなく、相場や1番安い会社を探すのも簡単です。

 

こんなに簡単で便利なのに、利用料は無料です。
ぜひご活用くださいね。

 

 

引越し料金と繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越しは3月がもっとも数が多く、この時期を引越しの繁忙期と呼びます。
なぜこの時期に引越しが集中するのでしょう?

 

それは新大学生・新社会人が新学期から新しいコミュニティーを築くために、一斉に3月に引越しをするのです。
そしてもう一つの大きな理由は、会社の人事異動です。

 

新大学生・新社会人・転勤のサラリーマンが一番の繁忙期に引越しせざる得ないのです。

 

これらの引越しは遠距離であることも多いため、引越し費用がかなりかさみます。
繁忙期で家族での遠距離引越しであれば、冗談抜きで料金が「100万円」と言われることもあるそうです。

 

最近の人手不足、トラックの運転手不足などを鑑みると、そうなってしまうのです。
家電のみの運搬でもやはり繁忙期は費用が高いです。

 

可能であるなら繁忙期を避けましょう。
繁忙期の引越しはスピードが命です。

 

 

家電リサイクル法

 

家電リサイクル法をご存知ですか?

 

家電リサイクル法とは、平成13年に施工されました。

 

テレビ・エアコン・洗濯機・冷蔵庫などの大きな家電は、廃棄したい人からリサイクル料を集めて部品や材料を再利用してゴミを減らすという取り組みです。

 

今まで一般家庭からでていたこれらの粗大ゴミは、ほとんどが埋められていました。
しかし埋立地にも限りがあること、資源の有効利用を目的として、家電リサイクル法が制定されたのです。

 

家電リサイクル法で決められた家電を処分したい場合

 

・小売店に連絡してリサイクル料と運搬費を支払って取りにきてもらいます。

 

・新しい家電を買った場合は、それを持ってきたときに古い家電を引き取ってもらう手配をします
この場合も、リサイクル料と運搬費がかかります。

 

・小売店がわからない場合は、家電リサイクル協力店に連絡するか自治体に問い合わせてください。
この場合も、リサイクル料と運搬費がかかります。

 

・自分で指定の引き取り場所に持って行く場合は、先にコンビニなどでリサイクル券を購入します。
詳しく自治体のホームページなどでご確認ください。

 

以前のように、粗大ごみの収集日に所定場所に置いておけば持って行ってくれるというものではなくなりました。

 

リサイクル料を払いたくないという理由で不法投棄をする人もいますが、悲しいことです。
リサイクルは家電を使った人の責任になります。面倒ですが、手順通りに処分してください。

 

 

引越しと周波数

 

引越し 家電 周波数

 

家電は電源が50ヘルツの時と60ヘルツの時で、1そのまま使えるもの・2使えるが性能が変わるもの・3そのままでは使えないものに分けられます。
どんな家電がそれぞれそうなのか、知っていますか?

 

1.周波数が、50Hzでも60Hz でもそのまま使える家電(電熱や電波を利用する家電)
テレビ、ブルーレイレコーダ、DVD レコーダー、ビデオデッキ、ラジオ、パソコン、オーブン、トースター、エアコン、掃除機、電気ストーブ、電気こたつ、電気毛布、LED電球など

 

2.周波数が、50Hzでも60Hz でもそのまま使えるが、性能が変わるもの(モーターを使用した家電、モーターの毎分回転数が変わるため)
冷蔵庫、洗濯機、空気清浄機、扇風機、加湿器、掃除機、ジューサー、換気扇
※インバータを内蔵しているものは、インバータを経由して電力が供給されるために電源周波数による性能の変化はありません。

 

3.そのまま使えない家電
電子レンジ、蛍光灯器具、水銀灯、洗濯機、乾燥機、テープレコーダーやステレオの一部、電気時計など
※周波数に対応していない時は、部品の交換や機器の調整が必要となります。

 

どうしてこんなことを書くのかと言いますと、日本には電源周波数が50ヘルツの地域と60ヘルツの地域があるからです。

 

静岡県の富士川と新潟県の糸魚川あたりを境に、東側は50ヘルツ、西側は60ヘルツの電気が送られています。

 

なぜこんなややこしいことになったかという、明治時代にさかのぼります。

 

当時、東日本ではドイツ製の発電機を西日本ではアメリカ製の発電機を輸入したからなのだそうです。
そしていまだにその時の影響が続いているというのですから、驚きですよね。

 

引越しでこの境界線を超えると家電が動かない場合がありますが壊れたわけではありません。
最近は電気メーカーもどちらの電源周波数でも使える家電の開発など努力をしています。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの時は時間も限られており非常に忙しいですから、先に大まかな手順を確認しておきましょう。

 

引越しが決まったらまず管理会社に退去することを連絡して、それから新居を探し、最後に引越し業者をさがしましょう。
なぜなら管理会社は次の入居者を探す準備を始めなければなりませんので、退去する時は早めに連絡をするようにと一番最初に契約を交わしています。

 

引越し業者の見積もりは、新居の条件がわからないと費用を計算することが出来ないのでまずは新居を決めてください。
この順番が一番スムーズです。

 

荷造りは季節外れの洋服やあまり使用しないものからダンボールに梱包します。

 

そして、不用品や粗大ゴミはこの際思い切って処分しましょう。
不用品を新居に運ぶにも費用がかかるのですから、不用品はできるだけ引越しの前に処分してくださいね。

 

もし市外に引越しする場合は、引越し2週間前に役所関係に書類を提出しましょう。特に転出届を出すのはお忘れなく。
また、新居への郵便物転送サービスの手続きもお忘れなく。

 

電気・ガス・水道・ネットなどの会社にも引越しすることを連絡して、引越し当日までの料金を精算してもらうようにします。
詳しいことは各会社で異なるので、問い合わせてくださいね。

 

引越し当日は荷物や家財の運搬は引越し業者が行いますので、、あなたは家具や家電の配置をスタッフに指示してくださいね。
先に決めてどこかに書いておくと無駄がありません。

 

ただし引越し業者が運べないものがいくつかありますので、ご注意ください。
貴重品や現金、通帳、印鑑、高級品、破損しては困るデータ類などは自分で運びましょう。

 

引越し日か翌日、作業の合間を縫って、ご近所へ挨拶に行きましょう。

 

あとは引越し後2週間以内に、市内引越しの場合は転居届を・市外引越しの場合は転入届を新居に最寄りの市町村役場に提出してくださいね。

 

郵便物の転送は1年間だけのサービスですから、住所変更が必要な免許証、パスポート、銀行、保険、カード会社などに連絡するのを忘れないで下さい。

 

 

 

借金 弁護士 無料 相談 京都 引越し業者 おすすめ 冷蔵庫 引っ越し 安い 八尾市 引越し業者 長岡市 引越し業者